離婚をスムーズに進めるためには|弁護士のチカラを借りる

男性

確定申告の相談

男女

臨時収入の申告

自営業を営んでいる方やサラリーマンでも臨時の副収入があった方は税務署に納税の申告を行う必要があります。このような申告を確定申告といい、給与収入以外の収入のある方は毎年3月ごろまでに必ず納税額を自分で計算し申告を行う必要があります。自営業者の方にとっては毎年必ず行う作業なので珍しいものではありませんが、サラリーマンのように会社が代わりに計算を行い納税を行っている場合には、確定申告について何も知らないという方が圧倒的多数というのが現状です。収入が給与だけの場合はそれでもよいのですが、相続や株式の利益などによって臨時収入が20万円を超えた場合には、サラリーマンでも必ず確定申告を行い納税額を自分で申告する必要が生じます。

個人でも利用できます

確定申告では日常で行っているようなどんぶり勘定はいっさい通用しません。必ず正確に税額を計算したうえで書類の作成を行い、期日までに申告を行う必要があります。もし納税額に間違いがあったり期日を守れなかった場合には、追徴課税や重加算税などのペナルティがあることをしっかりと覚えておきましょう。横浜で臨時収入などで確定申告を行う必要のある方は、税理士に相談しましょう。横浜の税理士事務所では自営業者以外による個人の納税申告相談も行っています。税理士に相談すれば複雑な税金の計算はもちろんのこと、申告書の作成や納税の代行なども行ってくれるのでわざわざ税務署にまで出向く必要もなくなります。気になる相談料金ですが、横浜の税理士事務所では依頼する金額などによって料金が変動する仕組みを採用しています。そのため個人の確定申告であればほとんどの場合、格安で利用することができます。横浜で確定申告の相談などを行いたい方は、税理士事務所を利用してみましょう。